1週間ダイエットを成功させよう

1週間で痩せる即効性のある現実的な方法

 

とにかく1週間で痩せたい、と思ったら何をするのが一番効果的でしょうか。
私は婚活の真っ最中ですが、先日急なデート(婚活サイトでのマッチングで)が決まり、ダイエットに迫られました。
何せ、サイトに登録した写真の時よりも5キロも増量してしまっていたからです。
これでは絶対にうまくいかない、そう思ってあせりまくった私は一週間で痩せる決意をしました。

 

そこで考えに考えた結果、答えがわかったんです。
1週間で痩せる方法は簡単です。

 

絶食すればいいんです。
一週間何も食べなければ3キロくらい減らせるのではないか、そう考えました。
栄養は摂っているはずなので、そのくらいで倒れたりしない自信がありました。

 

でも、次の瞬間に気づきました。
これが簡単にできる人はそもそも太ることもないな。。

 

太る理由は食べるのが好きだからなんですよね。
私もその一人です。
問題はそこでした。

 

でも、ネットで調べても、他の方法といえば、炭水化物オフ、糖質オフ、水泳、ウォーキング、筋トレ、レコーディングなど、そのほとんどは数か月かけて痩せていく方法です。

 

その中で一番よさそうだったのが「プチ断食」です。
これは、食事を全く摂らないのではなくて、1日の中の1食を酵素ドリンクなどに置き換える方法です。

 

これをしながら、さらに運動もすれば1週間で3キロダイエットも可能かもしれない、と思いました。
1食だけ我慢すればいい、というのがメンタル的にバランスが取れたんです。

 

そしてとにかくやってみたところ、51キロから48キロまで落ちました。
なんとか最悪のむっちり体型を脱してデートに行けたのです。

 

(※成長期の方や十分に栄養を蓄えていない方にはこの方法はおすすめできません。胃腸の弱い方や妊娠中の方も控えましょう。)

私が実際に行った一週間ダイエットの方法

 

・朝食をカロリーオフに変える
いつもはパン2枚とヨーグルト、シリアルをしっかり食べていました。
お昼前にお腹がすくのが気になるので十分に食べていましたが、それをばっさりやめました。
せめてフルーツは食べようかと思ったけど、それも糖分が多くなってしまうので、やめて、酵素ドリンクのみにしました。
朝食は一番お腹が空いているタイミングなので慣れないとつらいですが、時間がないので慣れとかは言ってられません。
とにかくやめます。
この覚悟が一番必要かもしれませんね。
東洋医学では、朝の4時からお昼12時までは排泄の時間帯と言われています。
この時にたくさん食べてしまうと胃と腸の働きが崩れてしまうのです。
そのため、特に朝に断食をして排泄に集中することが大切になります。

 

・お昼はサラダにしてウォーキングする
お昼ご飯も大敵です。
会社とかで外に食べに出ている人はハードルが高いかもしれませんが、この1週間はつきあいもやめてサラダのみにしましょう。
あとは水を多めに飲みます。
基本的に、食べる量を減らすと、便秘がちになります。
それは物理的に腸の中にあるものが少なくなるからです。
その点、水はデトックス的にもよく、水を飲んで腸の水分を増やすことで便秘を防ぐ効果があります。
そしてさらに、空いた時間でウォーキングをします。
会社の周りや家の周りを歩きましょう。
30分歩くとじわっと脂肪が燃えてきます。
燃焼する感覚がわかるとうれしくなります。

 

・夕食を最小限にする
夕食では栄養面をカバーします。
大豆食品、お肉、あとはスープです。
スープが一番おすすめで、じゃがいもとにんじんのコンソメに生姜やあんかけにして飲むのが好きでした。
カロリーが増えるものは摂らないことと、白米、パン、うどんなどの炭水化物は絶対にダメです。

 

 

・夕食後は体を温めてエクササイズ
食事の後はエクササイズでカロリーを消費していきます。
日中は仕事で座り仕事なので、ほとんどカロリー消費ができていませんので、体を動かします。
腹筋、背筋、スクワット、体幹トレーニング、をするとじわりと息が切れてきます
この状態を長く続けます。
1時間できれば十分です。
水分補給はこまめにしましょう。

 

 

・お風呂は半身浴で長めに
お風呂の入り方もダイエットを意識します。
半身浴で汗をじっくりかきます。

 

・体重を毎日測る
毎日、朝と夜に体重を測りましょう。
始めの2日ほどはほとんど変わらないこともあります。
3日目くらいから減ってきますので、そうすると実感できます。
この方法が間違っていないんだと自信が持てるようになります。

 

 

・間食はもってのほか
後は食べない努力です。
これは食欲との戦いです。
この1週間はお菓子が食べたい、空腹が襲ってきた、という気持ちに勝てるかどうかで成功するかどうかが決まります。
そしてイライラとの戦いです。
私がお勧めするのはガムをかむことです。
もちろんシュガーレスで、キシリトールは便通にもいいのでおすすめです。
ガムを噛んで気分を紛らわせましょう。

 

・一週間後の自分を想像する
つらいときは鏡を見て一週間後のお腹回り、足回りを想像しましょう。
そして自分を応援するのです。
これを乗り越えれば痩せられる。
新しい自分に出会えます。

 

・この方法は短期間限定
この方法は極端に短期間で痩せるための方法ですので、1か月続けたりするためのものではありません。
健康状態を損なわないように注意して行ってください。
しかし、この1週間をやり遂げたとき、不思議と食欲も減っているはずです。
それが体質の変化、慣れなんですね。
食事というのは「習慣」です。
昔からたくさん食べていた人はそれが習慣になっているし、食べない人は食べません。
お菓子やスイーツを食べたい欲求が減っていたり、食べてもOKな日とコントロールできるようになったらそれも大きな成功と言えるでしょう。

 

 

・最終手段は痩身エステ
最後に追い込みをかけたい人は痩身エステのマッサージで脂肪を揉み砕いてもらいましょう。
ダイエットエステでは主に発汗と脂肪分解をやってくれます。
体も温めてから行うので即効性があります。
1回60分から90分程度で、2キロほど落とすこともできます。

食べないダイエットは正しいのか?

プチ断食によって痩せる方法を紹介しましたが、食べないと健康に悪いというイメージがある人もいるのではないでしょうか。
実は医学的にみると、「1日3食を規則正しく食べる」ことは決して正しいとはいえません

 

実は、「食べること」はとてもエネルギーを必要とします。
1日の食事を消化吸収するためには、なんとフルマラソン1回分のエネルギーが必要になると言われているんです。

 

そのため、少しでも食べすぎると体調が悪くなったり、胃腸の調子が悪くなったりする場合があります。
そんな時にもプチ断食をして体調を改善させる方法もあります。

 

1日断食をすると、それだけ体のエネルギーを免疫力などに活かすことができます。
また、本来ヒトは飢えに強い動物です。
飢餓遺伝子というものを持っていて、食べ物を食べないと体の中の栄養を生かしてやりくりしていく作用が働きます。
反対に、食べすぎに対する抵抗はないので体調が悪くなったり、糖尿病、高血圧などの体調不良につながる場合もあるのです。

 

プチ断食の健康メリット

胃のイラスト

 

・胃腸が元気になる
プチ断食によって胃腸を休ませると消化能力や吸収力が改善されます。
消化能力が高まると、基礎代謝が向上し、排せつ能力も高まります
これはダイエットにも効果的といえるでしょう。

 

・美肌になる
飢餓状態になるとデトックスの候があり、老廃物が排出されていきます。
便秘なども改善し、肌荒れやニキビも改善されます。

 

・免疫力がアップ
腸内環境が改善されると、白血球の一種であるリンパ球の量が増えます
これが増えると免疫力が向上し体調がよくなり健康的になります。

 

・脳の働きもクリアになる
腸内環境と気分はつながっていると言われています。
便秘だと気分が重くなり、快便だと気分もスッキリします。
ストレスがたまると腸の働きも悪くなります。
精神を落ち着かせるセロトニンは腸で作られるため、集中力アップなど脳の働きにもプラスになります。

 

 

参考
プチ断食特集
監修:みうらクリニック