豆腐ダイエットの方法

豆腐ダイエットの方法とやり方、口コミ情報

食べる量を減らすといったダイエット方法は、
確かに摂取カロリーが減るので一時的に体重は減るかもしれませんが、 栄養バランスが悪くなって、カラダや肌の不調を招いてしまいますし、 空腹感を伴うダイエットは長続きしませんよね。
そこで豆腐ダイエットはどうでしょうか。

 

豆腐の特徴
ダイエットに有効な豆腐・・・なぜ豆腐がいいのでしょうか。

 

豆腐の主な特徴は、

@ そのままでも食べられるし、色々な料理に応用しやすい!
A 安い!
B カラダにいい栄養がたっぷり!

 

C 低カロリーだからおなかいっぱい食べても太りにくい!

 

豆乳の特徴

 

豆乳は、豆腐と同じく、たんぱく質やビタミンB郡などの栄養素が含まれているうえに
そのまま飲んだり、料理にも手軽に使えるのがメリット

 

液体なので消化吸収が早く、豆乳もダイエットに有効なんです。

 

ダイエットには「無調整豆乳」がおすすめ!!

 

豆腐・豆乳の栄養価

 

豆腐・豆乳の100gあたりに含まれるそれぞれの栄養価を見てみましょう。
五訂増補日本食品標準成分表によると、木綿豆腐・絹ごし豆腐のエネルギーは、72kcal/56kcalで、 豆乳・調整豆乳のエネルギーは、46kcal/64kcalです。
たんぱく質は、木綿豆腐は6.6g、絹ごし豆腐は4.9g、豆乳は3.6g、調整豆乳は3.2g にもなります。

 

元モーニング娘の辻ちゃんが自身のブログで 1年間に15キロも痩せたと告白し、 話題になっている「夜豆腐ダイエット」について調べてみました。
辻ちゃんは「湯豆腐にはまって、1年間湯豆腐ばかり食べていたら、1年間で15キロ痩せた」 と豆腐でダイエットを成功させたことを公開しています。
同じく元モーニング娘の加護ちゃんも 外食をしないで豆腐ダイエットをして13キロ痩せたことを ブログに書き綴っています。
さらに倖田 來未の妹であるミソノさんも 豆腐サラダで8キロのダイエットに成功しているそうです。

ダイエットに効果的な成分

豆腐に含まれるダイエットに有効な成分とは?!

 

■脂肪を減らす「大豆レシチン」
コレステロールや中性脂肪を減らすと同時に、ムダな体脂肪を落とす効果も期待できるのが「大豆レシチン」。また、血流促進効果もあるので、冷え性や肩こりの改善などにも効果があります。

 

■中性脂肪を低下させる「大豆サポニン」
コレステロールの吸収を抑え、分解する働きがあるのが「大豆サポニン」。
また、中性脂肪を減少させる働きもあり、消化器官からの脂肪吸収も抑えるといわれています。

 

■筋肉をつくり代謝のいい体にする「タンパク質」
体の中で最もエネルギーを消費する筋肉をつくる「タンパク質」。
豆腐には豊富に含まれています。また、植物性タンパク質が豊富な豆腐には、20種類あるアミノ酸が全て含まれているのも特徴。
肉や魚といった動物性のタンパク質とは違い、脂肪分が少なくヘルシーなのもダイエット中には嬉しい点です。

 

■代謝を促進する「ビタミンB群」
脂質、タンパク質、炭水化物の代謝に欠かせないのが「ビタミンB群」も豆腐に含まれています。
「ビタミンB群」が不足すると、食べ物としてとり込んだ脂肪をため込みやすくなり、炭水化物をうまくエネルギーにできなくなる傾向にあります。

 

■脂肪を燃やす「鉄分」
鉄分」不足は貧血の原因になるだけでなく、脂肪燃焼効率も低下させます。
理由は、脂肪分解に必要なのは大量の酸素であり、その酸素を運ぶのが赤血球の「鉄分」だから。豆腐を摂ることで酸素の運搬もうまくいき、脂肪も燃えやすくなります。

 

■便秘予防役立つ「大豆オリゴ糖」
大豆オリゴ糖は、腸内にすむ善玉菌、ビフィズス菌のエサとなります。
豆腐を食べることで、腸にビフィズス菌のエサを届けることができるので、腸内環境を改善、便秘解消にも役立ちます。
また豆腐は水分が多いので、便量のかさ増し効果もあります。

 

その他、豆腐には女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような作用をする「大豆イソフラボン」が含まれているので、肌を潤わせ、髪のツヤやハリを保つのにも役立ちます。
ダイエットだけでなく、女性としての美しさや若々しさをキープするためにも豆腐を積極的に摂りましょう。

 

夜豆腐ダイエットはナゼ痩せれる?

ダイエットは、当然摂取カロリーを落とすことが基本です。
いくら運動しても、それ以上にカロリーの高いものを食べていれば痩せることはありません。
特に太っている人が痩せるためには、1日の総カロリーを1500キロカロリーまで落とすのが理想的なんだそうです。

 

でも、ご飯などの炭水化物を含む食事を、朝・昼・夕と三度ガッツリ摂ると1500キロカロリーまで少なくすることは困難です。
そこで、夕食を炭水化物の代わりに、大豆食品で満腹感を得るというのが、この夜豆腐ダイエットなのです。

 

豆腐だけ、では味が淡白になって濃いものがほしくなってしまいますので、レシピはその点を気を付けて、野菜やみそ汁など工夫をするのがおすすめです。